スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2008年09月25日

骨粗しょう症の診断

骨粗しょう症(骨粗鬆症)とは、簡単に言うと骨の密度が減少し、骨がスカスカになってしまう病気です。
骨がもろくなってしまうので、ちょっとしたことで骨折するようになってしまいます。

長年の生活習慣が積み重なって現れる病気ですから、治療にも時間がかかります。
ひどい場合は、多少症状が改善するだけで完治はしない…といったことにもなります。

骨粗しょう症(骨粗鬆症)は、治療よりも予防が大切です。
治療するのか予防でOKなのかは、現在自分がどの状態にあるかで変わります。

骨粗しょう症(骨粗鬆症)の検査にはどんなものがあるのか、まとめてみました。

・MD法 検査箇所:手の人差し指(第二中手骨)
→→エックス線写真をとり、その濃度を比較して骨塩量を測定する検査方法です。
検査が短時間で済むので、多人数で行う職場や自治体の健康診断に向いているかもしれません。

・SXA法 検査箇所:腕(橈骨)や、かかと(踵骨)
→→測定部位にエックス線をあて、組織の吸収率から骨密度を測定する方法です。
こちらも手軽なのですが、現在はほとんど行われていません。

・腰椎DXA法 検査箇所:腕腰椎
→→腰に2種類のエックス線をあてて、腰椎の骨密度を測定する。
現在行われている骨量測定は、ほとんどがこの方法です。脂肪などの影響を除外できるため、かなり正確です。

・pQCT法 検査箇所:腕前腕骨
→→エックス線による、コンピュータ断層撮影法です。
単位面積あたりの真の骨密度をえることができます。正確さではこれが一番かも?

・QUS法 検査箇所:かかと(腕踵骨)
→→水の中に入れたかかとに超音波をあて、かかとの骨の状態を測定します。
超音波を使った測定方法なので、妊婦さんでも大丈夫。

ラベル:骨粗しょう症
posted by chao at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨粗しょう症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

骨粗しょう症の治療薬

骨粗しょう症(骨粗鬆症)とは、簡単に言うと骨の密度が減少し、骨がスカスカになってしまう病気です。
骨がもろくなってしまうので、ちょっとしたことで骨折するようになってしまいます。

長年の生活習慣が積み重なって現れる病気ですから、治療にも時間がかかります。
ひどい場合は、多少症状が改善するだけで完治はしない…といったことにもなります。

骨粗しょう症(骨粗鬆症)は、治療よりも予防が大切です。
と言っても、それで完璧に予防できたら苦労しないですよね。

骨粗しょう症(骨粗鬆症)になってしまった時に使用される薬について、まとめてみました。

・ビタミンD3
→→カルシウムの吸収を助けるため、新しい骨が作られやすくなります。
副作用として、胃の不快感や吐き気など、胃腸の調子がおかしくなることがあります。

・カルシトニン
→→骨密度の減少を抑える働きがあり、背骨や腰の痛みが少し楽になります。
救作用として、注射した後すぐに、顔のほてりやめまい、吐き気が起こることがあります。

・エストロゲン
→→骨密度を増加させます。女性ホルモンの分泌が減少す、る閉経期の女性のみが投与の対象となります。更年期障害として起こる、ほてりなどの症状にも効果があります。
副作用として、性器出血が見られることがあります。乳癌になる可能性が若干高くなると言われています。

・イプリフラボン
→→骨密度の減少を抑えます。カルシトニンの分泌を盛んにし、新しい骨を作るのを助けます。
副作用として、胃の不快感や吐き気など、胃腸の調子がおかしくなることがあります。

・ビタミンK2
→→骨密度の減少を抑え、新しい骨作りを助けます。
副作用として、胃の不快感や吐き気など、胃腸の調子がおかしくなることがあります。

・ビスフォスフォネート
→→骨密度を増加させ、背骨の変形が起こしにくいようにします。
副作用として、胃の不快感や吐き気など、胃腸の調子がおかしくなることがあります。
ラベル:骨粗しょう症
posted by chao at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨粗しょう症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

骨粗しょう症とビタミンD

骨粗しょう症(骨粗鬆症)は長年の生活習慣が積み重なって現れる病気ですから、治療にも時間がかかります。
ひどい場合は、多少症状が改善するだけで完治はしない…といったことにもなります。

ですから、治療よりも予防が大切です。
少なくなってしまった骨密度を元に戻すよりも、初めから骨密度を少なくしないようにする方が簡単です。

骨粗しょう症(骨粗鬆症)の予防に有効な栄養成分は、やっぱりカルシウム。
カルシウムは骨を作る元となります。

それ以外にも、ビタミンDが有効です。
ビタミンDには、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。

カルシウムとビタミンDの摂取は、骨密度がピークを迎える30歳前後から行うのが一番効果的です。
もちろん、それ以降でも効果は期待できます。

一日の摂取量の目安は、カルシウム1500ミリグラムとビタミンD400〜800。
ビタミンDが強化された調整牛乳を飲むようにするといいです。

食事だけですべての摂取量を補うのはかなり難しいので、サプリメントも併用しましょう。
最近売られているカルシウムのサプリメントには、ビタミンDも含んでいるものがあります。

ビタミンDが含まれている方がカルシウムの吸収性がいい(=骨粗しょう症(骨粗鬆症)の予防になる)ので、
サプリメントを選ぶ時は値段だけではなく、成分表もチェックして下さい。

ラベル:骨粗しょう症
posted by chao at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨粗しょう症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

骨粗しょう症(骨粗鬆症)と圧迫骨折

骨粗しょう症(骨粗鬆症)とは、簡単に言うと骨の密度が減少し、骨がスカスカになってしまう病気です。
骨がもろくなってしまうので、ちょっとしたことで骨折するようになってしまいます。

その「ちょっとした事」ってどんなことなのでしょう。
例をあげますと、何かにつまずいたとか、どこかにぶつけてしまったとか、そんな事です。

何かにつまずいても、通常なら少し足をひねるか、あるいは傷を作るだけで済みます。
どこかにぶつけても、その時痛みをかんじるだけか、あるいは青あざをつくってしまう程度でしょう。

しかし骨粗しょう症(骨粗鬆症)を患っていると、それが骨折を招いてしまうのです。

骨粗しょう症(骨粗鬆症)がひどくなると、何もしなくても(日常生活を普通に送っているだけでも)骨折してしまう可能性があります。

圧迫骨折と呼ばれています。

特に、椎骨の粉砕骨折(「脊椎圧迫骨折」と呼ばれています)は、骨粗しょう症(骨粗鬆症)のどのタイプの人にも起こる可能性があります。
こういった骨折を、特に「骨粗しょう症(骨粗鬆症)性骨折」とも呼んでいます。

もろくなった椎骨が自然に折れてしまうのです。
背中の痛みがなかなか取れない…、とんな時は、この骨粗しょう症(骨粗鬆症)性骨折を疑ってみて下さい。

痛みは突然やってきます。
立ったり歩いたりするとひどく痛み、ひどい場合は動けなくなる場合もあります。

ただこの骨粗しょう症(骨粗鬆症)性骨折の痛み、個人差はありますが数週間〜数か月で自然と治まっていくようです。

ですが骨自体はきちんとくっついていない可能性がありますので、病院に行く必要はあります。
そのままにしていると、背中が曲がってしまうこともあります。
posted by chao at 18:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 骨粗しょう症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

骨粗しょう症を予防するレシピ

骨粗しょう症(骨粗鬆症)の予防にはカルシウムの摂取が何よりも大切です。
サプリメントで補ってもいいのですが、やっぱり食事から摂取するのが一番

カルシウムたっぷりで美味しいレシピを2つ紹介します。

◆青梗葉と切り干し大根の炒めもの
青梗葉…1株
切り干し大根…20g
豚バラ肉…50g
塩…ひとつまみ
土生姜…一片
薄口しょうゆ…大さじ1
酒…大さじ1
こしょう…少々
白ゴマ…大さじ1

1. 青梗菜、生姜は細切りに。豚肉を一口大に切る。
切り干し大根はもどして水気をきる。

2. 淡口醤油、酒、こしょうを合わせておく。

3. フライパンに油を熱し、まずは青梗菜の軸を入れる。
次に葉の順で炒めて塩を振り、一旦取り出す。

4. 鍋にごま油、生姜を炒めて香りを出す。
豚ばら肉を加えて更に炒める。

5. 4に切り干し大根を加えて炒める。
2の調味料を加えて炒め合わせる。最後に白ごまを加えて火を止める。


◆小松菜ときのこの酢のもの
小松菜…1束
生しいたけ…6枚
白ごま…小さじ1

*合わせ酢の材料
  酢…大さじ1
  淡口醤油…大さじ1
  砂糖…小さじ1

1. 小松菜をよく洗い、根元に十字の切込みを入れておく。
2. 沸騰したたっぷりのお湯が入った鍋に塩を入れ、小松菜を加える。
3. 茎を茹でたら、氷水に落とし、冷たくなったら水気を絞る。
4. 小松菜を3〜4長さに切り、よーっく水気を絞る。
5. しいたけの石突きを取り、よく温めた焼き網で両面を焦がさないように焼く。
6. 焼けたら5mm幅に切る。
7. ボールに小松菜と焼きしいたけを入れて、混ぜ合わせる。合わせ酢を加えて和える。
8. 器に盛り付け、上から炒った白ごまをすりつぶしながら振る。
posted by chao at 08:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 骨粗しょう症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

ダイエットと骨粗しょう症

骨粗しょう症は高齢者の病気と思われていますが、そんなことはありません。
若い方でも骨粗しょう症になってしまう危険性があります。

元々持っている疾患が若い方の骨粗しょう症の原因となることはありますが、ここで話すのは、誰もが骨粗しょう症になってしまうかもしれない、あることについてです。

それは、ダイエット。
無理なダイエットは骨粗しょう症の原因となります。

特に若い方は、無理なダイエットをしがちです。
成長期で特に栄養が必要な時に、無理なダイエットで必要最低限の栄養さえ摂取しない――。

これが、骨粗しょう症の原因なのです。

ただでさえ、日本人はカルシウム不足なのです。
統計によると、日本人の1日のカルシウム摂取量は、平均570rとなっています。

しかし1日の必要量は600mg。足りていません。

特に成長期の頃は、それ以上のカルシウムが必要となってきます。
充分なカルシウムが摂取できていないと、身体は骨に蓄えられているカルシウムを使って身体を維持しようとします。

そんな事が続くと骨がスカスカになり、結果、骨粗しょう症になってしまうのです。

こういった骨粗しょう症の場合、骨粗しょう症であることが明らかになった時には手遅れとなっていることが多いです。
体重が減ることばかりに目が行ってしまい、骨のことなんか気にかけなくなっちゃうんですね。

本人に無理なダイエットの危険さをよく教えることも大切ですが、
それ以上に、周囲がその子を気にかけてあげることも大切かもしれません。
posted by chao at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨粗しょう症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

骨粗しょう症とカルシウム

骨粗しょう症(骨粗鬆症)を防ぐための最も重要な栄養成分は、カルシウムです。
「カルシウムが丈夫な骨を作る」という言葉、聞いたことがありませんか?

カルシウムは骨の強さを保つために欠かせない、重要な栄養成分なのです。
私たちの身体の中に吸収されたカルシウムの99%は骨のために使われます。

血液の中にもカルシウムが含まれています。
血液の中のカルシウム濃度は一定に保たれるよう、身体が自動的に調節しています。

食事から摂取するカルシウムの量が少ないと、身体は血液中のカルシウム濃度を調節するため、骨の中に含まれるカルシウムを血液中に送り出します。

すると当然、骨の中のカルシウムが少なくなってしまいます。
結果的に、骨が弱くなることにつながるのです。

骨が弱くなると、骨粗しょう症(骨粗鬆症)を招きます。

厚生省によって定められているカルシウムの1日の所要量は、だいたい男女ともに600r程度です。
もちろんこれには個人差があって、妊婦さんは900r、授乳婦は1100r、成長期の男性は900r、成長期の女性は700rとなっています。

しかし、現在分かっている日本人のカルシウム摂取量は、1日で平均570r。
たった30rの違いと思われるかもしれませんが、これが1年、2年、そして10年と続いたらかなりの量が不足することになります。

骨粗しょう症(骨粗鬆症)はもともと、生活習慣が何年も積み重なって発症するものです。
そして発症してからでは手遅れになっていることもあるのです。

日頃からカルシウムを積極的に摂取するようにしましょう。

posted by chao at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨粗しょう症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

骨粗しょう症のための食事

骨の密度(骨密度)が低くなり、骨がもろくなってしまう怖い病気、骨粗しょう症(骨粗鬆症)。
骨粗しょう症(骨粗鬆症)になってしまうと、ちょっとしたことで骨折してしまい、しかもなかなか治らなくなってしまいます。

骨の密度や骨量は、身体の成長が終わる思春期の終わりごろ、15歳〜18歳までに増加を終えます。骨量のピークは20歳〜30歳前後。このころが最大骨量となります。

それ以降は減少傾向にありますが、40歳くらいまでは骨量にさほど変化はありません。
骨量が急激に減少するのは、女性の場合は閉経を迎えたあたりから。

女性ホルモンの働きが低下することが原因です。

骨粗しょう症(骨粗鬆症)を予防するためには、若いうちに最大骨量をしっかり増やしておくこと。
そして食生活や生活習慣に気をつかい、骨量の減少を抑えるようにしましょう。

骨を強くするためには、以下のような食事を心がけて下さい。

骨粗しょう症(骨粗鬆症)を予防するための簡単なポイント。
・乳製品を意識的に摂ること。
→→これは、カルシウムを補うためです。

・大豆製品を積極的に食べる。
→→乳製品が苦手な方は、大豆製品を積極的に食べるようにしましょう。大豆製品にもカルシウムが含まれています。

・ビタミンDを含む食品を食べる。
→→ビタミンDには、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。ビタミンDを多く含んでいるのは、魚介類、きくらげ、しいたけなど。食事から以外にも、日光浴をすることによってビタミンDを身体の中で作りだすことができます。小さな子どもやお年寄りに日光浴を進めているのは、これが理由です。日光浴の際は日焼け止めを忘れずに。
posted by chao at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨粗しょう症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

骨粗しょう症の治療

骨粗しょう症(骨粗鬆症)は骨の密度が極端に低くなってしまう病気ですから、骨粗しょう症(骨粗鬆症)の治療は骨密度を増やすことになります。
治療として有効なのは、毎日カルシウムとビタミンDを摂取することです。
これは予防にも役立ちます。

ビスホスホネート製剤と呼ばれる薬が、骨粗しょう症(骨粗鬆症)の予防や治療に有効と言われています。
骨粗しょう症(骨粗鬆症)にも幾つかの種類がありますが、どの骨粗しょう症(骨粗鬆症)でも有効です。

ビスホスホネート製剤には、脊椎や股関節といった、大きな骨折を起こしやすい部位の骨密度を増やし、骨折を防ぐ効果があります。

起床直後、コップ1杯の水とともに服用します。
服用後30分は食事、飲みもの、ほかの薬などはとらないようにします。
ビスホスホネート製剤が食道粘膜を刺激するためです。

服用後少なくとも30分間、そしてその後何か食物を取るまでは横にならないようにもします。

ものを飲みこむ力が弱い人、胃腸が弱い人、妊婦や授乳中の女性、血液中のカルシウム濃度が低い人、重度の腎疾患はビスホスホネート製剤を内服することができません。

その場合は、パミドロン酸と呼ばれる成分の静脈注射を行います。
パミドロン酸もビスホスホネート製剤の一種です。

カルシトニンという成分での骨粗しょう症(骨粗鬆症)治療もあります。

カルシトニンは骨吸収を抑制する働きがあるため、骨粗しょう症(骨粗鬆症)の治療に使用されています。
痛みを伴う椎骨骨折に対して特に有効です。

カルシトニンは、静脈注射やスプレー式点鼻薬で投与します。
カルシトニンには血液中のカルシウム濃度を減少させることがあるため、治療中はその値を常に監視します。
posted by chao at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨粗しょう症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

骨粗しょう症の診断

骨粗しょう症(骨粗鬆症)とは、骨の密度が減少し、骨がスカスカになってしまう病気です。
骨がもろくなってしまうので、ちょっとしたことで骨折するようになってしまいます。

とても怖い骨粗しょう症(骨粗鬆症)ですが、いったい何を根拠に「骨粗しょう症(骨粗鬆症)」と診断されるのでしょう。

軽く転んだだけ、ほんの少し力が加わっただけ、または全く力が加わっていない日常生活で突然骨折してしまった場合。
とくに高齢者でしたら、骨粗しょう症(骨粗鬆症)を疑いましょう。もちろん、若い方でも突発性骨粗しょう症(骨粗鬆症)にかかっている可能性がありますけど。

骨粗しょう症(骨粗鬆症)にかかっているかどうかを判断するには、骨の密度を調べる必要があります。
骨の密度(骨の中に含まれるミネラル成分の密度)の測定によって、骨折が起こる前に骨粗しょう症(骨粗鬆症)を発見することもできます。

簡単に行える検査、スクリーニング検査では、手首やかかとで骨の密度を測定します。

最も有効と言われている検査は「二重エネルギーX線吸収法」で、脊椎や股関節など、大きな骨折の起こる可能性がある部位の骨密度を測定します。
この検査に痛みはありません。検査にかかる時間も5分〜15分ていど。

骨粗しょう症(骨粗鬆症)のリスクの高い人や他の方法で診断がつかなかった人、また、治療効果を調べるためにも役立ちます。

血液検査でも調べることができます。
血液中のカルシウムとリンの量を調べるのです。

別の病気が原因となって起こる骨粗しょう症(骨粗鬆症)ではないことを確かめるためには、その他に検査が必要となることもあります。
原因となる別の疾患が見つかれば、続発性骨粗しょう症(骨粗鬆症)と診断されます。
posted by chao at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨粗しょう症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。