スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2008年04月23日

突発性骨粗しょう症

骨粗しょう症(骨粗鬆症)とは、骨の密度が減り、スカスカになってしまう病気。
病気が進むと骨が折れやすくなります。

加齢による身体の機能低下や、慢性的な栄養不足(主にカルシウムとビタミンD)が原因とされており、患者の多くは高齢者となっています。

しかし、若いからと言って骨粗しょう症(骨粗鬆症)の心配が全くないわけではありません。

骨粗しょう症(骨粗鬆症)の中に「特発性骨粗しょう症(骨粗鬆症)」というものがあります。

これらの原因はまだ分かっていません。
そして年齢に限らず発症する可能性があります。

小児期や青年期に発症し、体内のホルモンバランスやビタミンの量は正常であるにも関わらず、何故か骨が弱くなってしまうのです。

10代でも、まれにではありますがこの突発性骨粗しょう症(骨粗鬆症)になることがあります。
突発性骨粗しょう症(骨粗鬆症)は普通の骨粗しょう症(骨粗鬆症)と違い、男性と女性との間の発症率の差はありません。

腰痛や歩行困難が主な自覚症状です。

とても怖いですが、きちんと治療を行えば治る病気です。

まだ若い人で、あまりにも腰痛がひどかったり、手足に強い痛みを感じたりしたら、突発性骨粗そ症の疑いが考えられますので、一度お医者さんに診てもらった方がいいと思います。

突発性骨粗しょう症(骨粗鬆症)の原因ははっきりとは分かっていないのですが、偏食やファストフード中心の食生活が原因かもしれないとは言われています。

若いうちからカルシウム、ビタミンDなどを豊富に含む食事、バランスの取れた食事をすることが大切です。
若いうちから骨量が低いと、高齢になったときに骨粗そ症になるリスクが非常に高くなってきます。

適度な日光浴や運動をすることも大切です。
日光を浴びることは、ビタミンDを作る作用があります。
posted by chao at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨粗しょう症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。