スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2008年04月20日

骨粗しょう症の種類

アメリカでは、なんと約800万人の女性が骨粗しょう症(骨粗鬆症)にかかっていると言われています。

一口に「骨粗しょう症(骨粗鬆症)」と言っても、大きく分けて二つの種類に分けることができます。
一つは、「原発性骨粗しょう症(骨粗鬆症)」で、「一次性骨粗しょう症(骨粗鬆症)」とも呼ばれています。

この原発性骨粗しょう症(骨粗鬆症)は、特に原因となる病気がありません。
古い骨を壊したり、新しい骨を作ったりする機能の異常によって起こります。

年齢による機能の低下や、慢性的な栄養不足、閉経後のエストロゲン減少が主な原因です。

原発性骨粗しょう症(骨粗鬆症)は、さらに「閉経後骨粗しょう症(骨粗鬆症)」、「老人性骨粗しょう症(骨粗鬆症)」、「特発性骨粗しょう症(骨粗鬆症)」と三つに分類されています。
高齢の女性にみられる骨粗しょう症(骨粗鬆症)は、閉経後骨粗しょう症(骨粗鬆症)と老人性骨粗しょう症(骨粗鬆症)の二つの要素が含まれています。

もう一つは「続発性骨粗しょう症(骨粗鬆症)」と呼ばれるもので、「二次性骨粗しょう症(骨粗鬆症)」とも言われています。

この続発性骨粗しょう症(骨粗鬆症)には原因となる別の病気があります。
続発性骨粗しょう症(骨粗鬆症)の原因となるのは、慢性腎不全やクッシング症候群、副甲状腺機能亢進、甲状腺機能亢進、性腺機能低下、糖尿病などの内分泌疾患があります。

また、続発性骨粗しょう症(骨粗鬆症)を起こす薬剤として、コルチコステロイド薬、バルビツール酸、抗けいれん薬などが分かっています。
アルコールの過剰摂取や喫煙も骨粗しょう症(骨粗鬆症)を悪化させる原因ですが、それ自体が骨粗しょう症(骨粗鬆症)の原因になっているわけではありません。

この続発性骨粗しょう症(骨粗鬆症)、割合としては低く、骨粗しょう症(骨粗鬆症)患者全体の5%ほどと言われています。
posted by chao at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨粗しょう症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94650768

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。