スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2009年06月06日

骨粗しょう症 原因

骨粗しょう症は、性ホルモンや加齢など、どうしようもない原因や食事、運動、たばこ、お酒など、生活のスタイルが原因になることがあります。

年を重ねると、体のいろんな部分に何らかの病気が出てくるものですよね。体を支えている骨ももろくなってしまうのです。それは、食べ物にも、原因があります。骨を強くするために必要な栄養素を取らないでいると、骨がもろくなるのです。若い人のダイエットは、カルシウム不足になるため、自分で原因を作りかねません。

骨は、新陳代謝を繰り返して、骨の量をキープしています。年を重ねると、新しい骨と古い骨のバランスが崩れて、骨の量が減ってしまいます。骨は、筋肉も動かします。つまり、筋肉を使えば、骨も必然的に強くなるのです。体を動かさないでいると、骨も筋肉を動かさずにすむので、骨自体が弱くなっていきます。

体に害のあるタバコには、ニコチンが含まれています。これは、骨の密度を減らします。骨に使うカルシウムを毒と判断し、尿にして体から出してしまうし、小腸から取り入れるはずのカルシウムも減ってしまいます。性ホルモンの代謝も悪くし、骨粗しょう症へと導いていくのです。コーヒーなどのカフェインも骨の量を減らします。

骨粗しょう症の原因は、健康的な生活と逆の事のようですね。何か一つが原因ではなく、いろんな事が重なって発症するようです。健康的な生活に切り替えられれば、クリアできるものが多いので、日々の生活を見直せば、防げる病気のようです。
posted by chao at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨粗しょう症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120937313

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。